Ki-Mama

Lifestyle

2020.11.26

ゆーママさんの季節のレシピ #08

手羽元で作る旨だれローストチキン&ベイクドポテト

オーブンで焼いたお肉って、それだけで素敵なごちそうになります。ケチャップの優しい甘みとニンニクのうまみで、子供も大人も大満足な味に!日々のごはんにも、もうすぐやってくるクリスマスのごちそうにもおススメです。焼く前の状態で冷凍保存もできます。

材料(4人分)

*ローストチキン*

・手羽元……8本
・A しょう油、酒……各大さじ1
・A トマトケチャップ……大さじ2
・A にんにく(チューブ) ……小さじ1

*ベイクドポテト*

・じゃがいも……4個
・B オリーブオイル……大さじ2
・B 塩、こしょう……各適量
・粉チーズ……大さじ2
・パセリ(刻む・お好みで)……適量

作り方

1.手羽元は骨に沿って包丁で両サイドに1本切り込みを入れる。
2.ポリ袋に1の手羽元、Aを入れてよく揉み、冷蔵庫で1時間ほど(2日以内)漬ける。
3.じゃがいもは皮ごとくし形に切り、水にさらして水気をきりBをからめておく
4.2の汁気を軽く切り、オーブンシートを敷いた天板半分に間隔をあけて並べる。(残ったたれはとっておくとよい)
残りのスペースにじゃがいもを並べる。
5.180度に予熱したオーブンで20~25分ほど焼く。
 ジャガイモに、粉チーズとパセリをお好みで振る。

Point

  • 焼き上がり5分前に残しておいたたれを塗るとより綺麗な見た目に仕上がります、
    (ひと晩以上漬けた場合は、後からたれを塗って焼かなくても大丈夫です。)

 

  • 下味冷凍可能(約1か月)
    下味をつけた状態で冷凍用保存袋に入れ、なるべく空気を抜いて封をとじます。
    →解凍してから通常通り焼く
    →凍ったまま180度で45分ほど焼く

撮影こぼれ話

*ゆーママさん流おもてなし*

昔からお家にママ友を呼んでおもてなしをするのが大好きだったというゆーママさん。

おもてなしのポイントをうかがってみたところ、「全部の料理を、できたての一番おいしい状態で出したいので、加熱方法の違う料理を準備します」とのことでした。

例えば、オーブンで仕上げるもの、コンロを使うもの…という具合です。すべての料理が同時に出来上がるよう、4口のガスコンロをフル稼働されるとのことで、お友達との集まりにも決して手を抜かない料理家魂を見た気がしました!

4口のガスコンロは、作り置きを作る際にもフル稼働。「だから、ぜったい4口のものが良かったんです」

ゆーママさんのキッチンは、こちらの記事で詳しく解説しています!
【番外編】ゆーママさんのキッチンご紹介 ~メインキッチン編~
【番外編】ゆーママさんのキッチンご紹介 ~サブキッチン編~

「#ゆーママさんの季節のレシピ」でご紹介しているレシピは、どれもKi-Mamaの読者のために考えていただいた季節のレシピです。味は、試食させていただいた撮影スタッフたちの折り紙付きです。ぜひ、作ってみてくださいね!

<取材協力>

松本有美(ゆーママ)

まつもと ゆうみ
料理研究家/cafe Mukuオーナー/2019年キッチンスタジオ設立
最新刊『スープストックで朝楽ちん♪ゆーママのスープのお弁当』(飛鳥新社刊)
出演番組『NHKきょうの料理』『ヒルナンデス!』他多数
雑誌・企業のレシピ開発、監修、広告、アドバイザーなどで活躍中。
受賞歴/レシピブログアワード『ママの料理部門』『パン部門』グランプリ、『トレンド料理ワード大賞』他多数

この記事に関連する商品


Related Posts