moku.me

Concept

木のある暮らしには、
何があるのだろう。

たとえば、“木目調”ではなく、
ほんものの木目を眺め、
その模様を描いた自然の営みに
想いを馳せること。
木のお椀で朝ごはんをいただきながら、
やさしいぬくもりで、手と体をあたためること。
木のある住まいに招かれた日、
思わず鼻をひらいて
心地よい香りを吸いこむこと。

木は、ゆっくりと年輪を刻み、
数十年から数百年ものときを経て、
木材になります。
そして、家具や道具になってからも
暮らしのなかで生き続け、
使いこむほどに風合いを宿しながら、
人と一緒に、歳を重ねていきます。

それは何も特別なことではなく、
きっと多くの日本人が、
数千年の昔から繰り返してきた自然な暮らし。

さまざまな素材が人工的につくられ、
木を選ぶというごく自然な行為が
生活から切り離されつつある今。
「木」と「暮らし」、
「木」と「人」のかかわりを
改めていろいろな角度から見つめてみたい。

木とともにある毎日を、
古き良きものへの憧れではなく、
今のライフスタイルと地続きのものとして、
もっと自由に、肩のちからを抜いて楽しめたら、
素敵だと思う。


moku.meは、
そんな想いから生まれたWEBサイトです。
木によって一つひとつ木目が違うように、
「木」と「人」のつながりにも、
いろんなかたちがあっていい。

木のある暮らし、木とともに生きる人たち、
自分たちの手で毎日を楽しむ工夫。
いろいろな物語や発見、価値観やスタイルを、
一つずつ、ていねいに集めて。

木からはじまるよろこびを、
みなさんと一緒に広げていきたいと
考えています。