Ki-Mama

Lifestyle

2020.05.14

ゆーママさんの季節のレシピ #02

春のお祝いひとくち手まり寿司

食卓にこんなお料理が運ばれてきたら、歓声が上がること間違いなし!お誕生日や入学式などの、ちょっと特別な日に作れば、お祝いの気分をいっそう盛り上げてくれます。おめでたい席にぴったりの、華やかな手まり寿司です。好きな具材を自由に組み合わせて、作ってみてください。

ゆーママさんのキッチンスタジオからお届けするスペシャルムービーも、併せてどうぞ!

材料

4人分(20個分)

【酢飯】

・炊き立てのごはん(洗って30分吸水させ、固めに炊いたもの)……3合分
・A 砂糖……大さじ4
・A 酢……大さじ5
・A 塩……小さじ1/2

【具材】

<錦糸卵>
・卵……1個
・サラダ油……適量

<野菜>
・きゅうり……1/2本
・ラディッシュ……4個
・貝割れ大根……1/2パック
・塩……小さじ1/2

<メインの具材>
・生ハム……4枚
・スモークサーモン……4枚
・いくら……適量

 

下準備

  • すし桶は水で濡らしておく
  • Aは合わせておく

作り方

1.炊きたてのごはんをすし桶に入れ、Aを加えて切るように混ぜて冷ます。

Point

米をいつもよりしっかり研いで固めに炊くことで、ベタ付かず扱いやすい酢飯になります。

2.1の酢飯を20等分してそれぞれラップに包んで丸く形作っておく。
3.ラディッシュ、きゅうりは2㎜くらいの輪切りにする。バットに並べて塩をふってなじませ、5分ほどしんなりするまでおき、水気をペーパータオルで拭く。

4.錦糸卵を作る

【失敗しにくい錦糸卵の作り方】

①卵をボウルに割り入れ、溶きほぐす。

②火にかけたフライパンに薄くサラダ油をひき、卵の半量を流し入れて薄く伸ばし、蓋をして火を止め、30秒ほど蒸らす。

③蓋を外して再び中火で10秒ほど焼き、まな板に裏返して取り出す。残りも同様にする。

④焼き上がった卵を半分に切り、さらに細く切って冷ましておく。

※薄焼き卵をひっくり返さないので、破れにくく失敗しにくい作り方です。

材料が揃いました。いよいよ包んでいきます。
5.新しいラップを広げ、中心に丸く好みの具材を並べる。その上に2の酢飯を乗せてラップで包み形を整える。

Point

ラデイッシュ、きゅうりは花びら状に5枚ずつずらして重ねると華やかになります。

6.食べる時にラップを外して、具材が上になるように盛り付ける。

キッチンPoint①

アンダーストッカー

キッチンの一番下の引き出しは、「アンダーストッカー」という収納になっています。深さがあるので、500mlの計量カップなど高さのある道具も、立てたままで納めることができます。

キッチンPoint②

アンダートレー(スクエアマルチシンクオプション品)

野菜を洗う時に登場したアンダートレーは、洗った食材の水切りや仮置き場として活躍します。ワークトップに水滴が垂れないので、お掃除が楽になります。

「#ゆーママさんの季節のレシピ」でご紹介しているレシピは、どれもKi-Mamaの読者のために考えていただいた季節のレシピです。味は、試食させていただいた撮影スタッフたちの折り紙付きです。ぜひ、作ってみてくださいね!

<取材協力>

松本有美(ゆーママ)

まつもと ゆうみ
料理研究家/cafe Mukuオーナー/2019年キッチンスタジオ設立
最新刊『ゆーママの暮らしをラクにするおかずの素』
出演番組『NHKきょうの料理』『ヒルナンデス!』他多数
雑誌・企業のレシピ開発、監修、広告、アドバイザーなどで活躍中。
受賞歴/レシピブログアワード『ママの料理部門』『パン部門』グランプリ.トレンド料理ワード大賞』他多数

この記事に関連する商品


Related Posts