Ki-Mama

Gallery

ゲストハウスのように

型にはまらず、好きなものを集めて。

ご夫婦の出会いは、バックパッカーとして旅をしていた、海外のゲストハウスでした。今でも友人たちを自宅に招くことの多いご夫婦が選んだのは、マンションのリノベーション。これからも二人で暮らすつもりで子供部屋は作らず、その分LDKを広くとりました。
この家の中心となるのは、木と鉄でできたオープンなキッチン。ゲストが集まりやすく、みんなでワイワイ料理して、一緒に食べて楽しめる。テーブルとキッチンを横並びに配置したことで、そんなお二人の理想のライフスタイルが形になりました。

ノベーションするにあたり、真っ先に決めたのがキッチン。鉄と木の組み合わせというラフなかっこよさが、インテリアのテーマになった。

大人数で食事をしても、「食洗機で洗うから」と言えば、お互いに片付けで気をつかわなくて済む。

コーヒーを飲みたくなった人が豆を挽く。見える場所に道具を置いておくと、自然にそうなった。

床は貼る方向を変えて、ダイニングとリビングの空間をゆるやかに分けた。肌ざわりが良くあたたかいので、いつの間にかみんなが床に車座になっていることも。

リビングの入り口横に設置した洗面台。よく褒められるし、来客時にも何かと便利。

床を貼り伸ばしたアクセントウォールが、ヴィンテージ感をグッと高めてくれる。

お気に入りのカリモクのソファは、一緒に歳をとっていく相棒のような存在。


このスタイルで使用している商品


Related Posts